/////////////////////////////////////////

LOGOSメールマガジン VOL 385 月曜テキスト号  

/////////////////////////////////////////





=== 最新業界情報から ==================




先週、11月25日にホール5団体を集めて行政が会議を開いた。速やかな市場シフトを

求めるものだったと聞く。一部では依然、責任論を唱える向きがあるようだが、誰か

に責任があるというなら、慣例に甘んじ、諸問題を法的にクリアすべく積極的に動い

てこなかった、行政、メーカー、ホールの3者それぞれにある。逆に、慣例に則って

業を営むことが問題でないのなら、誰も責められるべきではない。しかし現状を見る

限り、この事態を放置することは非現実的だ。それぞれが協調し、業界を挙げて「目

に見える形で市場を変えること」が、唯一の“落としどころ”になってくる。それぞ

れの立場で不満も疑念もあるだろうが、いま業界に必要なのは、自分たちを支えてく

れるのは「ファン」であり、産業を維持できるのは社会の許容があるからだという視

点に他ならない。誰もが行政発言の被害者であり、こういう状況を導いた誰もが被害

者ではない。ファン、社会のために産業を維持するという責任のもと、正論の主張に

とどまらない対応が求められている。




また、複数の業界メディアが「フィリピンパチンコ」について報じた。アジア・ア

ミューズメント開発(AAD、山崎竜代表取締役社長)がフィリピン新遊技場展開につい

て記者発表会を開催したという。[娯楽産業協会]の記事によると、11月23日に地元

フィリピン市より遊技場営業許可がおり、12月中旬にオープン予定。当日は、設置す

るフィリピン版パチンコ遊技機も披露した。なお筐体は、高さ約180センチで、盤面

部分は大型液晶、電動ハンドル型の操作部のほか、パチスロのレバー、3個の停止ボ

タン、ベットボタンなどを装備。パチンコ風、パチスロ風、ビンゴ風のゲームが選

べ、専用ICカードを挿入して遊技する。当初、日本のパチンコをそのまま輸出して新

たな市場創造を目指す試みでスタートしたが、トレーディングの障壁があるところか

ら断念。現地法人によるフィリピン新遊技場というアプローチで、約2年の期間を経

て具現化に漕ぎ着けたとのこと。




一方、一般メディアにおけるパチンコ関連報道では、11月26日付産経新聞が《景品交

換所で盗み 長野・岐阜の合同捜査で3容疑者人逮捕》と報道。***伊那署と飯田

署、県警本部捜査3課、岐阜県警は25日、建造物侵入と窃盗の疑いで、名古屋市の

電気工、原一稀(21)と、岐阜県瑞浪市の無職、長谷川誠司(22)、同県中津川

市の会社員、青木隆真(22)の3容疑者を逮捕した。県警によると3人は容疑を認

めている。逮捕容疑は、今年8月8日午前2時10分ごろから約20分間で、伊那市

のパチンコ店の景品交換所から現金約1300万円と金庫1つ(5万円相当)を持ち

去ったとしている。岐阜県内でも同様の手口による犯行があったことから、両県警が

合同捜査を行い逮捕した。***




また、11月27日付神戸新聞NEXTは《姫路・3人監禁殺害事件 男12回起訴、「裁判

員」最長の可能性》と伝えた。***兵庫県姫路市の男性作業員ら3人への殺人や逮

捕監禁致死が疑われる事件は、同市内でパチンコ店を営む会社の元実質経営者、中村

春根被告(44)が12回にわたって起訴される異例の展開となった。同被告の起訴

はすべて終わったとみられるが、うち2人は今も遺体が見つかっていない。一連の事

件の逮捕者は17人に上り、関係者の間では「国内最長の裁判員裁判になる可能性も

ある」との見方が出ている。起訴状によると、中村被告の周辺で死亡したとされるの

は、姫路市の男性作業員=当時(37)▽同市の無職男性=同(57)▽東京の元広

告会社社長の男性=同(50)-の3人。兵庫県警は2011年2月、姫路市内で男

性作業員の遺体が見つかったのを受けて捜査本部を設置し、中村被告を逮捕。捜査関

係者は、過去に同被告の親族が被害にあった事件に関連し、怨恨(えんこん)を募ら

せたことが背景になったとみる。さらに、この作業員の知人だった無職男性と、中村

被告側に借金があった元社長が所在不明になっていることも分かり、県警は今年10

月に元社長への殺人容疑で同被告を逮捕するまで、約4年8カ月をかけて捜査。神戸

地検姫路支部も今月13日、同被告に対する12度目の起訴を終えた。捜査関係者

は、同被告が各事件の「指示役」だった疑いがあるとみている。ただ、逮捕監禁で死

亡したとされる無職男性の遺体は、捜査の過程でも見つかっていない。元社長につい

ても遺体や凶器とされる拳銃は未発見。起訴状でも殺害の時期は「10年6月中旬ご

ろ」、場所は「兵庫県内またはその周辺」とされ、特定されていない。公判ではこう

した点が大きな焦点になるとみられる。検察側はこの2人についても各種証拠の積み

上げで事件を立証するとみられるが、中村被告の認否については「明らかにできな

い」とする。一方、同被告の弁護人も「現時点では(公判について)コメントできな

い」としている。09年に裁判員制度が導入されて以降、裁判員による審理期間が最

長となったのは、尼崎連続変死事件をめぐり、神戸地裁で角田美代子元被告=自殺時

(64)=の義妹ら3人の審理が行われた127日間。3人が起訴された事件は計5

件だった。一方、中村被告は別の男性3人に対する監禁事件なども含め計12件で起

訴され、共謀したなどとして逮捕されたのも計17人(一部は有罪確定)に上る。公

判前整理手続きは長期化が予想され、裁判開始の時期も見通しは立っていないが、捜

査関係者は「尼崎のケースを超える可能性は高い」とみる。今年12月に施行される

改正裁判員法では、裁判員の負担軽減のため、審理が「著しく長期」となる場合は裁

判員裁判の対象事件から除外し、職業裁判官のみで審理することも可能にした。中村

被告の公判が対象となるかどうかも焦点になりそうだ。***




これら事件のほか、11月26日付ロイターが《東京地裁、ユニバーサルの賠償請求を棄

却 対ロイター訴訟で判決》とのニュースを配信した。***ユニバーサルエンター

テインメント <6425.T>などがトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>に対し、報

道により名誉が毀損されたなどとして合計2億円の損害賠償や記事の削除、謝罪広告

などを求めていた裁判で、東京地方裁判所(民事第24部、阪本勝裁判長)は25

日、ユニバーサルの訴えをすべて棄却する判決を下した。判決文の中で阪本裁判長は

「(ユニバーサルの)経営が法令及び定款に適合して行われているかどうかは公共の

関心事」などと指摘。同社による外部への資金提供問題についてロイターが行った報

道は公共の関心事であり、「専ら公益を図る」目的があったとして記事の正当性を認

めた。裁判長は、同社から多額の資金が流出したことについて米連邦捜査局(FB

I)の捜査やその他の当局による調査などが行われていたとするロイターの記事は

「真実であると信ずるについて相当の理由があった」と指摘。さらに「重要な部分に

ついて真実であることの証明があった」などとした。ロイターによる記事の配信とウ

エブサイトへの掲載は「ユニバーサルの社会的評価を低下させないか、低下させると

しても違法性を欠く」ため、「名誉棄損による不法行為は成立せず、その余の争点に

ついて判断するまでもなく、原告らの請求はいずれも理由がない」とし、ユニバーサ

ルによるすべての請求を棄却した。 ロイターは2012年11月、フィリピン娯楽

賭博公社(PAGCOR)のヘニュイーノ会長(当時)の側近だったコンサルタン

ト、ロドルフォ・ソリアーノ氏の関連会社などに、ユニバーサルの関連会社から総額

4000万ドルが流出していたと報じた。資金が支払われた時期は、マニラ湾沿岸で

計画していた巨大カジノをめぐって、ユニバーサルがフィリピン政府に外資規制の緩

和などを要望していた時期と重なっていた。報道を受けてユニバーサルと岡田ホール

ディングス合同会社は、トムソン・ロイターと記者、編集者に対して12年12月、

合計で2億円の損害賠償などを求める請求を起こしていた。今回の判決についてロイ

ターの広報担当者は「公共の利益に資する正しいニュースを報道するというロイター

の権利が認められた判決であり、喜ばしい。我々が配信した記事は公正かつ正確であ

り、人々が知る権利を持つ重要な問題に光を当てたものである」と述べた。ロイター

はユニバーサルに公式コメントを求めたが、現時点で同社からの返答は得られていな

い。***




その他、毎日新聞が執拗に追っているオーイズミの病院開設計画について、11月26日

付で続報が確認された。タイトルは《<神奈川知事パーティー券>病院計画企業など

94万円分購入》。取材に対し黒岩知事と知事の特別秘書の千田氏は「パー券購入と

寄付は先方が判断するもの。法律上適正に処理・公表されており、手続きに便宜行為

が介在する余地はない」と回答。オーイズミは「黒岩氏への政治活動に賛同する純粋

な支援活動の一環。自主自発的支援行為で、法の規定、趣旨・範囲をいささかも逸す

るものでない」と答えたという。少子高齢化社会において、認知症専門の病院の建設

自体、時代や社会ニーズに沿ったもの。だが、同時にこのような報道がなされること

で、せっかくのプラスがマイナスイメージに転じかねない。ネガティブな視点をワイ

ドショー的に喜ぶ読者が少なくない背景で、無駄な露出が早々に消えることが望まれ

る。




また、11月24日付神戸新聞NEXTは、高齢者福祉施設におけるゲーミング規制につい

て、厚労省の見解を踏まえた記事を掲載した。参考までに紹介しておく。***《遊

技提供の介護施設規制 兵庫県、神戸市「税金投入適さぬ」》神戸市と兵庫県は今

秋、介護予防を目的にパチンコやマージャンなどの遊技を長時間提供するデイサービ

ス(通所介護)施設を規制する全国初の条例を相次いで制定した。「カジノ型」や

「アミューズメント型」と呼ばれ、高齢者が楽しみながら利用できる介護施設として

注目され、全国で拡大している。なぜ、規制に踏み切ったのか。今年5月末。ア

ミューズメント型デイサービスを計画する業者が神戸市の介護指導課を訪れた。関西

初進出の打診だった。「実は、それまでアミューズメント型がどういうものかよく知

らなかった」と担当者は打ち明ける。急いで資料を取り寄せ、検討を始めた。きらび

やかな部屋。射幸心をあおる疑似通貨。利用時間の大半をゲームで過ごす-との内容

だった。介護保険制度に基づく通所介護は、利用者の能力に応じ、自宅での自立生活

に必要な機能訓練を提供するのが目的だ。同課の中戸欣尚(なかとよしひさ)係長は

「ゲームの介護予防面の有効性は認める。ただ、利用時間の大半をゲームで過ごすの

は、税金を投じる制度の趣旨に合わないと感じた」と話す。規制を可能にしたのは地

方分権だ。国が握っていた介護施設の指定権限が2012年度、都道府県と政令市、

中核市に移譲された。神戸市には「サービスの多様化に水を差す」との慎重論もあっ

たが、最終的に久元喜造市長が条例案の提出を決断。9月24日、市議会で可決し

た。県にも7月、同様の業者から申請があり、規制条例を10月9日に制定。いずれ

も検討から3~4カ月の“スピード規制”だった。神戸市、県とも「利用者のギャン

ブル依存の予防」を理由にあげる。ただ、長時間利用の線引きがあいまいな上、そも

そも規制条例を制定する根拠が不十分といった声もある。神戸市と県はアミューズメ

ント型を認める自治体や国の意見を聞き、関東の同型施設を視察。だが「具体的な問

題事例を把握したわけではない」とする。県は、規制の基準が分かりにくいとの声を

受け、「ゲームをする時間がサービス利用時間の半分以上」といった一定の基準を県

内市町に伝える方針だ。一方、アミューズメント型が2カ所ある横浜市の担当者は

「レクリエーションはカラオケなど事業者ごとに多様で、ゲームも創意工夫の範囲

内。適正な機能訓練が行われず、ゲームだけが目的になっていれば改善指導が必要だ

が、現時点では条例の基準内」とする。厚生労働省は「デイサービスは本来、自由度

の高い事業。国がサービス内容を規制する考えはない」とする。県内では尼崎、西

宮、姫路市が規制条例の対象とならず、進出可能な“空白区”。3市の担当者は「線

引きが難しく、規制するかどうか未定」とする。【神戸市と兵庫県の規制条例】 

「カジノ型」や「アミューズメント型」と呼ばれる介護施設を対象に全国で初めて制

定。射幸心や依存性を高める恐れのある遊技を長時間提供▽疑似通貨の使用▽賭博や

風俗営業を連想させる広告の掲示-の3点を禁止。神戸市はデイサービス施設、兵庫

県は同施設と特別養護老人ホーム、介護老人保健施設が対象。***




他方、カジノ関連報道では、11月25日付中央日報日本語版が《「韓国初のカジノ」仁

川パラダイスホテルが営業終了》とのニュースを報じた。***1967年に韓国初

のカジノが設置された仁川(インチョン)パラダイスホテルが年末で営業を終える。

65年にオープンしてから50年ぶりだ。当初は「オリンポスホテル」として開業

し、パラダイスグループの田楽園(チョン・ラグォン)会長(故人)が2000年に

買収しパラダイスホテルに名前を変えた。2005年にパラダイスグループがこのホ

テルにあった外国人カジノをグランドハイアット仁川(インチョン)に移してから経

営が厳しくなった。***




=== ピックアップ記事 ==============================

AAD 「フィリピン版パチンコ機」披露[娯楽産業協会]

  • http://www.goraku-sangyo.com/archive.php?eid=04055


  • 日遊協会見 「遊技機撤去は社会問題化を防ぐことが最優先」[遊技通信web]
  • http://www.yugitsushin.jp/news/category/


  • 都遊協、通訳サービスで外国人対応を後押し[@グリーンべると]
  • http://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00008256






  • ///////////////////////////////////////